清水 博之 エクシトコンサルティング Thinking Archive 

経営コンサルティング/イベント業 展示会を機会に売り上げを創るコンサルティング[販路開拓・商品開発・事業継続]

あり方 チャレンジ 学び

納豆が食べず嫌いだった様に、何事も枠・殻を決めずにチャレンジしよう!〈77〉

投稿日:

こんにちは

 

 

納豆もカキフライも食べれる様に

なりました。

食べず嫌いはダメですね。

 

クライアントを

展示会出展を起点に、

販路開拓・商品戦略の支援し、

ビジネスの目標を達成する

エクシトコンサルティング 清水 博之です。

 

納豆もカキフライも、

最近は食べれる様になりました。

 

納豆は、実家の玄関も通ったことも

なかったですが、関東に住みだしてから

少しづつ食べれる様になりました。

関東では、本当に納豆の種類が多く、

飲み屋さんでも納豆だけで食べてる人も

いたので、初めは食べさせらましたが、

その時の経験が美味しかったので、

その後は、よくよくかき混ぜないと

いけませんが、たまに白飯と一緒に

食べれてます。

 

カキフライは、

生カキにあたってから無理でしたが、

火を通しているのは、心配がなく、

食べれる様になりました。

まだ、生カキは無理ですが・・・。

私としては進歩です。

 

何事も

食べず嫌いはダメですね。

 

やらずに、実践せずに、

拒否はしてはダメですね。

 

やってダメなら、

やる前に戻れば良いのかなあと

思っています。

 

やったら、また、違う景色が見えると思ってます。

 

今でも、私は、食べず嫌い、苦手なこともまだあります。

しかし、いづれ機会があれば、食べてみよう、

やってみようとも思っています。

 

自分で、殻を、枠を、決めずに、

まだまだ、新しいことを経験したいと思います。

 

人生はまだ、私の、知らないこと、経験したことがないことが、

いっぱいあります。

 

これからも、人生の彩りを増やすために、

楽しむために、チャレンジできる人でありたいと

思っています。

 

 


 

本日の気になったことわざを

記してみました。

 

食のことわざを

意味があいまいだったので

思って調べました。

 

桃栗三年柿八年(ももくりさんねんかきはちねん)

桃栗三年柿八年(ももくりさんねんかきはちねん)とは、

芽を出してから桃と栗は三年で、柿は八年で実を結ぶ。

出典:大辞林 第三版

 

「ことわざ学習室」の解説では、

 

桃と栗の木は、種を植え、芽が出てから、3年が過ぎないと、食べられる実が成らない、 柿においては、実を結ぶまでに、8年もの年月が必要ということから生まれた句。

 

何事も、しんぼう強く、長く続けなければ、実を結ぶ事は、ないということのようです。

又、この句の後ろには、「ゆずは九年」、「梅は十三年」と言う言葉が続く場合もあるようです。

 

 

何事も、辛抱強く長く続ける

ことが大事なんですね。

 

今後とも、宜しくお願い致します。

また、次回もよろしくお願い致します。

 

-あり方, チャレンジ, 学び
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴミ・不要物が、転換すると、資源になる。 錬金術って、ワクワクします。 〈44〉

こんにちは     先日、ニュースで、 「核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ」 という、ニュース記事を読みました。   商品・販路の進化・調整を支援し、 販路開拓力 …

自分の現状を確認すること大事です。不覚にも、寝落ちしてしまいました。〈93〉

こんにちは   久々に、落ちてしまいました。 寝落ちですね。     展示会出展を起点に、 販路開拓・商品戦略の支援し、 ビジネスの目標を達成する エクシトコンサルティン …

新幹線の清掃はきっちりされていますね。気持ちがいいです!〈67〉

こんにちは   新幹線に乗ることが多いです! 電源があるのは助かります。   クライアントを 展示会出展を起点に、 販路開拓・商品戦略の支援し、 ビジネスの目標を達成する エクシト …

最近、久々にスポーツ漫画にはまっています。 熱中するっていいですね。 〈111〉

最近、久々にスポーツ漫画を大人買いして、はまっています。 高校サッカー、高校野球モノ。汗、青春、熱いですね。   展示会を現在地の確認と未来へのきっかけとして ビジネスの前進への考え方と実行 …

情報が多いと混乱することもありますが、自分の意図しない情報に触れるのも良いですね。 〈101〉

こんにちは     アポとアポの間の時間に、大型書店に行きました。 いろんな本を実際見ることができて、幸せな時間でしたが、 また、本を買ってしまいました。   展示会出展 …