清水 博之 エクシトコンサルティング Thinking Archive 

経営コンサルティング/イベント業 展示会を機会に売り上げを創るコンサルティング[販路開拓・商品開発・事業継続]

事業継続 商品開発

杉の付加価値が上がり、どんどん林・山の環境がよくなれば良いなあ。 〈50〉

投稿日:

こんにちは

 

 

針葉樹材(ソフトウッド)を広葉樹材(ハードウッド)に

変える技術の記事を読みました。

 

商品・販路の進化・調整を支援し、

販路開拓力・商品開発力をつけていただき、

売り上げ・利益を増やしていただく

エクシトコンサルティング 清水 博之です。

 

針葉樹材(ソフトウッド)を広葉樹材(ハードウッド)に

する技術は、ケボニー化と呼ばれる。

 

針葉樹材(ソフトウッド)=日本の国産材では、スギ・ヒノキ・カラマツ等

広葉樹材(ハードウッド)=日本の国産材では、ナラ・ブナ・桐等

 

簡単な技術説明では、サトウキビやトウモロコシなど農業廃棄物から

抽出した物質を針葉樹材に加圧加熱しながら含浸させるのだそう。

含浸させることにより、ソフトウッドの細胞組成に働きかけ性質を

変化させます。木材は茶褐色化、比重が高まり、寸法が安定し、硬

化すると同時に耐腐朽性が飛躍的に向上します。

 

一般的な木材の耐久性を上げる「加工技術」の多くは化学物質や

重金属をしています。

 

しかし、このケボニー化技術は、素材・生産・使用・廃棄の全ての

工程において、有毒・有害な物質を使用していません。

 

その点において、環境に優しい技術であり、持続可能生産が可能で

あることが、この技術の利点であると思います。

 

さらに、ノルウェーでKEBONY社が設立され、2004年生産開始、

すでに、2008年から本格的な営業活動が開始されてます。

2015年時点では、世界22カ国で販売されています。

 

まとめると、このケボニー化技術は、

環境に優しく、持続生産可能であり、既に世界で実績があり、

通常の木材のように経年劣化もあり、加工もできることが良い。

 

また、記事では、杉でのケボニー化の試験で良い結果が

出たそうです。

 

日本の各地にある杉の木がケボニー化することにより、

新たな需要を生み出すことができれば良いですね。

 

杉の木の価値があがり、伐採が進めば、

身近なところでは花粉症も減るかもですね。

 

新たな技術で、価値が高まる。

 

どのビジネスでも同じだと思います。

 

あとは、生活者にしっかり価値が、ベネフィットが

伝われば、そのを購入する人が現れると思います。

 

多くの個人事業主・中小企業、私も含めて、

告知ができていない、伝えきれていないことがあります。

 

伝えきれば、伝えている価値に共感・理解していただき、

購入・アクションしていただける人を集めることができるのだと

思います。

 

私も、自分自身が、経験や考え方、知恵で、

お客様へのベネフィットや成功のきっかけをつくることが

できるのだと、成果に支援できるのだと、

このブログも含めて伝え続けたいと思います。

 


 

本日の気になった言葉

上の文章を書いていて

調べました

 

持続可能な開発(Sustainable Development, SD)

持続可能な開発(Sustainable Development, SD)とは、

「将来の世代の欲求を満たしつつ、現在の世代の欲求も満足させるような開発」のこと。「持続可能な発展」と訳されることもある。また、持続可能な開発が行われ持続可能性を持った社会を、持続可能な社会と言う。

出典:Wikipedia

 

また、持続可能な開発は、

「環境」と「開発」が互いに反するものではなく、

共存し得るものとしてととらえ、環境保全を考慮した節度ある

開発が可能であり重要であるという考えに立つものである。

 

互いが一見すると反するもの、矛盾するものを、

共存させ、同時進行させてないといけないということは、

企業経営・ライフスタイルでも同じだと私は思います。

 

未来のためにどうあるのが良いのか、

公私ともに、考えないといけないと思います。

 

 

また、次回よろしくお願い致します。

-事業継続, 商品開発
-,

執筆者:


  1. 中村俊夫 より:

    同感です山間部の住民として目の前にある山林は漁業者の海と同じです
    ケボニー化施設がどのような設備なのか知りたいです。

  2. hshimizu より:

    コメントありがとうございます。 以下の記事を読みました。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20170219-00067843/

    また、こちらも詳しく載ってました。

    http://www.barcelona-trade.com/brands/kebony.html

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホなんて、25年前では想像もつきませんでした。 〈29〉

こんにちは   本日は、キャッチコピーについて、 外出した際に、バス停の広告で、発見しました。     展示会を機会に、販路・商品の進化・調整を支援し、 販路開拓力・商品 …

ワールドマスターズゲームズ? 4年ごとに開催される原則30歳以上のスポーツ国際総合競技大会とのことです。 〈100〉 

こんにちは     今、ニュージーランド・オークランドで、 ワールドマスターズゲームズ2017が開催されています。   展示会出展を起点に、 販路開拓・商品戦略の支援し、 …

「伝統と革新」人も組織でも、自分で選択できるようになりたい! 〈13〉

こんにちは 先日、私の現在、一番大好きな日本人現役サッカー選手 中村俊輔選手が移籍を発表しました!   展示会を機会に、販路・商品の進化・調整を支援し、 販路開拓力・商品開発力をつけていただ …

お店のファンづくり大切です。 リピーターはそれの第1歩です。〈42〉

こんにちは   昨日、久しぶりに、大好きなお店に行きました。 あ、画像は違います。   商品・販路の進化・調整を支援し、 販路開拓力・商品開発力をつけていただき、 売り上げ・利益を …

蹴り続けること 蹴り入れること どっちも必要! 〈6〉

こんにちは 展示会を出口に、販路開拓・商品開発のコンサルティング エクシトコンサルティング 清水です。   画像は、手毬ですが、   元サッカー少年として、 毎年恒例の蹴鞠初めをネ …