トップページ

販路開拓・商品開発・企業経営のために、

展示会の前後を通しての活用で成功したい、

製造業の中小企業の社長・責任者の方で、

以下のようなお悩みの方は、

 


初めての展示会出展で何から手をつけて良いかわからない。

1回出展してみたけれど、出るのをやめた。

展示会には出ては見たけれど、先の商談には結びついていない。

地元で出展はしているけれど、他地域の展示会にはまだ出展していない。

業界内の展示会は出展しているけれど、まだ、異業種が多く集まる展示会は出展していない。

違う展示会に出て見たいけれど、どのように選べ良いかわからない。

情報収集には役だったけど、自社に活かせていない。

毎回、展示会直前に準備をして、バタバタして終了する。

新規顧客獲得・スリーピング客の堀起こしにいたっていない。

展示会前に新商品・試作品開発・用途新提案ができていない。

展示の仕方、ブースでの人員配置、お声かけがわからない。

展示会後のフォローの仕方がわからない。

ぜひ、⇩⇩⇩お読みください。


 

 

<展示会で成果が出ない理由>

地元の公共団体・地元銀行の展示会、

東京ビッグサイト・幕張メッセ・

インテックス大阪・メッセ名古屋の展示会、

ヨーロッパ、アメリカ、アジアの世界の展示会、

同業他社や関係会社がどんどん展示会に出展し、

新たな販路や商品開発をしていく中、

または、何も成果が出ずに展示会出展をやめてしまう中、

展示会を活用して、成果を出していくのは

どうすればいいのでしょうか?


その悩みが解決できないのは、

「競合他社より、名刺交換が少ないからではありません。」

「競合他社より、商品が綺麗に並んでいないからではありません。」

「競合他社より、商品・技術の説明不足なのではありません。」

   『競合他社との差別化よりまず、

自社が与える来場者・企業の変化の驚きやイメージが伝えられていないからです。

言い換えれば、

   『競合他社との差別化よりまず、

 来場者・企業の想像をこえる【 お! ・ なぜ?】

 感嘆符がつくように来場者目線でPRし、わかっていただいた方を中心に接客してください!


<【お!・なぜ?】を実現するためのイメージ>

展示会では期限・期間・来場者のターゲットが限定されています。

限定されていますが、しっかり一連の流れで展示会を実施します。

 

 

展示会・マーケットの限定された中で、

狙った自社の強みを抽出して、

来場者に波紋を与える。

波紋をまた、すくい取り、自社に生かす。

この繰り返しで、精度が上がり、

展示会が成功します。

 

 

 

 

<エクシトコンサルタントの3つの特徴>

  1 展示会準備から会期後までの

目標設定・会期中運営・成果評価できる仕組みを作ります。

展示会主催社の経験からの支援、展示会に対する自社のノウハウが残ります。

 

  2 展示会後も出展継続を想定できる、

興味・関心から創造する顧客へのアプローチが身につきます。

広告業・イベント業の経験から、PRポイント・声掛け・商談想定のノウハウが構築できます。

 

  3 展示会で展開する、商品開発・用途提案/企業経営への活用の

ポイントがわかります。

産業支援・販路開拓コーディネータの経験から、経営戦略に合わせた継続的な商品開発・用途提案の

ノウハウ、流通経路を意識したポイント・気づきが得られます。

 


私の大好きなサッカーで例えると

私の大好きなサッカーで例えるなら、

ボールがきたら、相手ゴールはどこなのか、まずは確認します。

ゴールに入れるためには、ドリブルするも、パスをするも、

位置によっては、すぐシュートするも良しです。


その前に、自分のボールにします。

さらに、相手がきたら相手と駆け引きしながら、プレイします。

ドリブルする際は、自分の足元ではなく、

顔をあげて、前を少し先を見なくてはいけません、

パスをする際は、味方のプレイスタイル、役割、スペースを確認します。

展示会もサッカーも似ていると思っています。


どの展示会・フィールドプレイするのか?

どの成果・ゴールを狙うのか?

どの顧客・相手チームの研究・システムは?

どのように展示会活用・プレイするの?

などなど・・・・・


自社の本業の通常営業では違うところでの、

展示会場での経営活動では、

セオリーもありますが、臨機応変さ・機転も重要です。

サッカーと同じように、ルールの元に、

自由に、魅せるプレイで得点し、勝ちましょう!


<ルールと基本動作を身につけ、企業独自の展示会活用方法>

ルールと基本動作を身につけ、

個々に合わせたプレイスタイルを身につける。

展示会の基本動作とルール。

知っているか知らないかで全然違います。

また、個々の企業様でステップが違います。

考え方・行動が個々の企業・部署によって違います。

だから、企業様独自の展示会活用方法が必要です。


展示会は販路開拓・マーケティングに有効です。

また、商品開発、用途提案、テストマーケティングにも、活用できます。

ブース運営は、人材開発にも応用できます。


私が伴走しながら、共に考え、

企業ごとの実行プランを確認・支援します。

ぜひ、展示会を活用し、成果を出しましょう。